機能性農業資材の供給事業/食品生産・輸入事業/展示業務・環境調査事業/ダチョウ飼育・販売事業
各種産業廃棄物処理プラントの海外販売事業/中古建機&農機輸出事業/LEDランプの卸販売/図書館船

LEDランプの販売

LEDとは?

LEDとは、電流を流すと発光する半導体の一種で、Light Emitting Diodeの略です。
もともとのLEDの原理は100年ほど前に発見されていましたが、1990年代に入り白色を得る為に必要であった青色LEDが開発されてから照明として注目されるようになりました。

 

LEDの特徴

LEDが注目されるようになった理由は技術的なことだけでなく、その特徴が環境に良いからです。従来の照明器具と比べ、少ない電力で同等の明るさで照らすことが出来ます。
例えば、30Wの電球の明るさと2.5WのLEDの明るさは同等です。この場合、同じ明るさでも電球と比べて消費電力が12分の1になる、という意味です。

 

長寿命

40,000時間以上(白熱電球の50倍、蛍光灯の6倍)照明器具は産業廃棄物になりますので、寿命が長いということはコスト面だけでなくゴミを出さない点でも環境に配慮する事につながります。

消費電力を抑え、省エネを実現

白熱電球の83%、蛍光灯の60%の使用電力を削減します。

CO2(温室効果ガス)の削減

通常、CO2の排出量は0.378Kg/Kwhです。従いまして削減した電力消費量の分だけCO2も削減します。

衝撃に強い

従来の電球や蛍光灯と違い、ガラス部が無いので壊れにくい。運搬中に壊れたり、軽くぶつけただけで割れる心配がありません。

虫が寄りにくい(赤外線、紫外線がほとんど出ない)

よく夏になると電気に虫が集まりますが、その現象は明かりに集まる訳ではなく紫外線に反応するのが原因です。従いまして、紫外線がほとんど出ないLEDには虫が集まりにくいので飲食店や倉庫などには最適です。また、洋服や食べ物の色褪せも紫外線が原因ですので、服飾売り場や食材店にも適しています。

熱くならない

従来の照明器具のように熱を持って熱くなる事がありません。従いまして室内温度の上昇には影響せず、結果的に冷房効率が良くなります。

 

LEDと従来照明器具との比較

■白熱電球 vs LEDランプ

80Wの白熱電球と同等照度のLED(8W)の比較
条件:白熱電球数量=120個、照明使用時間=16時間/日・30日間使用

【消費電力の比較】

白熱電球:0.08(kw)×120(個)×16(時間)×30(日)=4,608 kwh
LEDランプ:0.008(kw)×120(個)×16(時間)×30(日)=460.8 kwh
(4147.2kwhの削減)

【排出CO2の比較】

白熱電球:0.08(kw)×120(個)×16(時間)×30(日)×0.378(kg/kwh)=1,741.824 Kg
LEDランプ:0.008(kw)×120(個)×16(時間)×30(日)×0.378(kg/kwh)=174.1824 Kg
(1567.64kgの削減)

■蛍光灯 vs LED灯

40Wの蛍光灯と同等照度のLED(17W)の比較
条件:蛍光灯数量=50本、照明使用時間=16時間/日・24日間使用

【消費電力の比較】

蛍光灯:0.04(kw)×50(個)×16(時間)×24(日)=768 kwh
LED灯:0.017(kw)×50(個)×16(時間)×24(日)=326.4 kwh
(441.6kwhの削減)

【排出CO2の比較】

蛍光灯:0.04(kw)×50(個)×16(時間)×24(日)×0.378(kg/kwh)=290.304 Kg
LED灯:0.017(kw)×50(個)×16(時間)×24(日)×0.378(kg/kwh)=123.3792 Kg
(166.92kgの削減)

2ページへ